blog
May, 07, 2015
フルサイズ機「Sony α7」を使って1年が経った

SDIM0104のコピー

このカメラを買ったのは昨年の春のこと。

 

Webを作っていたりすると写真は切っても切り離せなかったりするし、

もともと写真にも興味があったので、

カメラを買ってみようとなったのです。

 

どうせ買うならある程度のものをという性格なのですが、

それにしたってカメラはピンキリで、

よいものとなると値段もどんどん上がってくるわけで………。

予算だってそこまで出せるものでもないなと思いつつ。

 

それでも、経験上、

何かを生み出せるもの、

何かをクリエイトできるものには、

しっかりとお金をかけると結局色々と充実してくるというのは、

いつも思っていたことなので、

思い切って買ってみたのがこのカメラ《Sony α7》。

 

結果、毎日だったり、ここぞという日がより鮮やかになりました。

写真はやっぱりいいものだなと思います。

自分の表現として、

そして思い出の記録として、

もうどちらにせよ、日々が楽しくなること間違いなしです。

 

 

Sony α7のいいところ

 

1年とちょっと使ってみたわけですが、

何よりも35mmフルサイズセンサーで、このサイズ感というのが、

すばらしいところ。

軽快さと高画質の両立は、

カメラをより頻繁に外に持ち出すきっかけになりますよね。

 

モノを買うときにいつも思うことですが、

最初のものでもある程度しっかりしたものを買うと、

結果後悔がないなと思います。

今回もそれを実感。

 

もちろん、音楽や写真、アートなど。

なんにせよ、「道具の前に自分の腕だ」なんて言われそうですが。

質のよい相棒にのせられ、

毎日触ったりすることが結局、技術の向上にも繋がったりするわけで。

 

このサイト内の写真の半分ほどは、《Sony α7》。

もう半分は別のカメラで撮ってるのですが、

とにもかくにも《Sony α7》はすっかり僕の相棒です。

これからも仲良くしていきますよ。

もう一方の相棒は、またの機会に。