blog
Apr, 14, 2014

最近の自分といったら、おそろしいほどに何かを考えるということが少なくなりました。いや、厳密にはきっと何かを考えてはいるのだろうけれど。今までの自分は、人生のことや、人がどうあるべきか、どう生きるべきかといったことを、考えて生きてきました。でも、その一方で、そういうことをひたすら考えても、それは自分という一人間の頭で考えたことに過ぎないし、それとは関係なしに世界がまわっていたり、自分の人生も進んでいったりすることに徐々に気付き始めました。考えることは決して無駄ではないけれど、考えた末に、頭はどこか「〜であるべき」という結論を最後にだします。そして、その「〜であるべき」は、自分を、そして、そのつもりではなくても、他人を、多かれ少なかれ縛ったりするものなのです。

 

それが、何だかとってもストレスフルだなと思いました。もちろん、人間だから、何かを考えたり、将来の願望を持ったりするのはあたり前なんですが、それはそれで自分で認めてあげる。その上で、別の軸を持つことが実はとっても大事なんじゃないか。そう思いました。その別の軸というのは、自分の考えや願望とはまったくかけ離れていて、それでいてもっともっと精妙ですばらしいものが自然と用意されるっていう考え方。決して、自分の考えや願望、欲を捨てるわけではないけれど、それをただただ自分の我欲だって考えられる勇気。自然と何かが持たらされたら、自分の思考を捨てて、そっちにピョンって飛び移っていける勇気。そうやって生きることの方が、僕は楽なような気がしました。

 

そうやって考えると、自分の考えを特に進化させたりする必要がなくなってきます。だから、無理して考えようとも、哲学しようとも思わなくなりました。そうして、ここ最近、自分自身考えない時間の方が、どんどん多くなりました。考えない時間が増えると、「おい、自分、大丈夫か?」って思うこともしばしば。考えないことへの罪悪感みたいなものがあるんだなと気付きます。この現代社会の中で、考えないっていうことは、どこか遅れをとるような感じがするし、それだけで自分は取り残されるんじゃないかって。そんなマインドセットが、知らず知らずのうちに、自分には埋め込まれていたんだなと、ただただ恐い気持ちになりました。でも、別に、それでいいんだなって、今は思えます。考えない方が、目の前で起こったことにすぐ反応できるから。もっとピュアに反応できるから。僕は考えることで自分が進んでいっている気になっていたけれど、どんどん自分の上に、色々なものを塗りたくっていただけなんだなと今はただただそう思うのです。

 

じゃあ、今、何を考えているのかっていえば、ただ食、料理のことです。考えていて、楽しいから。楽しいことだけを考えることにします。だって、自分がひたすら考えたって、自分の人生は神様のお導きみたいなのに導かれて、思いもよらない方向にいったりするのだから。せめて、自分の頭っていう自由な領域ぐらい、好きなことだけ考えて、好きなことだけするっていうのも、いいじゃんって思うのです。あとは、任せます。自然のなりゆきを。そのぐらいのゆるさがちょうどいいや。

Share this:
Mar, 11, 2014

はやくあったかくなればいいのになって、あたり前に思うここ最近。

そんなことを思いながらも、人間って勝手なものだなと思う。

3年前の今日、宮城は雪が降っていて、凍えるように寒かった。

そればかりか、あの日、大地は大きく揺れ、波が押し寄せた。

あの日もはやくあったかくなればいいなって、思っていた。

期待は大きく反対の方向へふれた。

 

3.11以後、ニュースではことさら巨大地震への防災が叫ばれている。

最新技術での研究がどんどん進んでいるらしい。

そんなニュースを見るたびに、人間は自然と対決したいんだろうかと思う。

自然を憎んでいるのか。

自然に打ち勝とうとしているのか。

 

なにげない日の日差しにあれだけ癒されて、

その一方で雨や雪に文句を言ってみる。

人間は何がしたいのかとふと思う。

自然とどんな向き合いかたがしたいのか。

結論がでるぐらい自分は一貫性のある人間ではないけれど。

ただただ、そんなことを思うのです。

Share this:
Mar, 08, 2014

家族といるとき

友達といるとき

パートナーといるとき

 

そんなときに、

「わー、俺なんかしなきゃ」って思うことはあまりない

たいてい自分の将来とかなんとか

妙に焦ったり孤独感に苛まれるのは

実際に一人のときだったりするのだ

 

一人でいるとありのままの何もしない自分というのを

肯定するのがなかなか難しくて

でも、安心できるコミュニティーにいるとき

自分の存在だけでよろこんでくれるようなコミュニティーにいるとき

「あっ、別に何もしなくたっていいんだな」って思える

いや、したいことはたくさんある

でも、別にそれができなくても

それが失敗してもいいんだなって思える

それはきっと人生の喜びの選択肢が広がるってことなのかもしれない

 

何かしなきゃいけないなんてことはない

テレビを見てもネットを見ても

なんだか急かされるけど

世の中は人が何もしなくても元々はうまくまわっていたはずで

それが人間の何かがしたいという思いで

それを崩している部分もある

 

もちろん、じっとなんてしていられないから

したいことをしたい

でも、しなきゃいけないわけじゃないと思うのだ

Share this:
Mar, 05, 2014

こうやって書くことにとっても安らぎを感じます。

それはなぜなら、時として話すという行為にどっと疲れるから。

口というものがたまに本当に恐ろしくて。

口というものが自分の気持ちと裏腹に動くことがあって。

口で人を癒しつつも、

同じその人を次の日には傷つけてしまう。

口は自分のことを防御しようと、

時として、相手を総攻撃する。

自分のことがかわいくて、

そんな時には口がよく動く。

よく動く口を制御して、そっと我慢ができたのなら、

もっとやわらかな空気が自分を包むと思う。

Share this:
Mar, 05, 2014

つぶあんと、こしあんが並んでいる。 外見だけじゃどっちがどっちかわからないから、妻といっせいのせいで選ぶ。 僕は、つぶあん。妻は、こしあん。 僕は、つぶあんが好きだから喜んでいたけれど、 妻も実はつぶあんが好きらしく、ちょっとがっかりしていた。   自分の狭い世界観の中でかもしれないけれど、 つぶあんが好きな人ってなんだか多い気がする。 なんで、みんな、つぶあんが好きなんだろう。 あの、つぶが残っているっていうところがいいんだろう。 見た目も味も100%綺麗じゃないところがね。   どんなに濾されても濾されても。 つぶあんぐらい、つぶを残しておきたい。 社会でどんなに濾されても。 自分のつぶだけはのこしておきたいなって。 つぶあんのつぶのちょっとした渋みがすてきすぎて。 そんなことを感じた、ひなまつり。

Share this: