blog
May, 13, 2012

スーパーに並ぶ膨大な量の食料品。何を食べようか迷う贅沢な悩みを抱えている私達。

 

 

でも、スーパーに並ぶ、食品のそれぞれがどこから来て、誰に育てられ、どのような過程で棚に陳列されるに至ったかは、消費者の私達があまり知り得る事ではありません。

 

 

大量の防カビ剤が付着していることも知られないまま陳列された輸入レモンやオレンジ。

生きていた動物を連想させないかのように綺麗にパック詰めされたお肉。

人工物だけで構成された加工食品。

 

 

もしかしたら、知らなくてもいいのかもしれない。「そんな事考えてたら、何も食べられない」なんて言われてしまえばそれまでだ。

 

 

でも、食べるってことは、他の生物の魂を頂いて、人間の魂と肉体に変換する作業。命が介在する活動です。それなのに、食べるという対象物が何なのか、どうやってここに来たのか、誰の手を介在してその場にあるのかを知らない、いやむしろ、簡単に知る事ができないのは何だか悲しいし、無機質で、恐いものだと感じるのです。

 

 

現代社会では、多くの人が多忙な生活を送っていて、食べ物について考えたり吟味したりしている暇なんてないのかもしれない。それでも、人間として根源的な食べるというテーマに少しでも時間と労力を割くことも重要な気がしています。

 

 

食べることについて考えたり、食品を選ぶということに時間を割く事は、理性があり、雑食動物である人間に本質的に求められている行動なのかもしれません。

May, 11, 2012

 

 

”人々と働きながら、特にルールもなく好きな物を食べてなんていう時間を過ごしてみた後に、ふとこんなルールを思いついた。『もしその目的が自分をコントロールするためだけのものであるなら、食べる事に関して独断的なルールなんて作るな』。私はもちろん健康に気をつけて食べるようにしているけれど、もし「アイスクリームを食べるか。それとも、一日中アイスクリームを食べようかどうかって悩んでるかどちらが良い?」ってなったら、私はアイスクリームを食べる事を選ぶよ。”

 

 

みなさんは、この言葉どう思いますか?

 

 

このブログを読んで下さっている方は、多かれ少なかれ体や健康に気を使っている方だと思います。僕もその一人です。普段は、できるだけ体に悪いものを摂らないように心掛けています。それでもやっぱり人間は弱いものですから自分の好きなものをどうしても食べたくなったりするかと思います。お酒、スイーツなどなど。また、他人との付き合いの中で自分のポリシーに反するものを食べなければいけないような時もあるかもしれません。そして、好きなものや身体に悪いものを食べてしまった後に、自分自身で作ったルールを守れなかったと罪悪感を感じることもあるでしょう。

 

 

でも、僕はある程度、身体に悪くても好きなものを食べたり、友達とパーっとやったり、楽しい事をしても全然OKだと思ってます。もちろん、自分の中で、自分の精神と身体を良く保つために、基本的なルールを設けて生活する事は大切です。でも、結局、人間は色々な欲求がありますよね。それが普通なんです。だから、そこと上手くやっていくためにも、適度にルール無視な生活を送る時もあって良いと思うんです。そうした方が、人として自然な感じもしますし、ストレスも溜まらないはずです。

 

 

人間の弱さと向き合い、時々、その弱さに自分を預けてあげる。

 

 

そのぐらいで丁度いいのではないでしょうか?

 

May, 09, 2012

食については、やっぱり私達は正しい知識を身につけておかないといけないと思う限り。子供の時からそこが叩き込まれてればすごく素晴らしい事です。学校の授業などでもっともっと食育的な授業が増えれば良いですね。

 

 

僕らは何を観て何を食べて誰と話してどんな本を読んだかでどんな人間になるかが変わってくる。摂取するものによって自分がデザインされる。とするならば、食も本当に重要な要素。食べ物によって、その人の健康だけでなく、性格や気性も変わってくる。食べ方によって自分をデザインする。

 

 

現代社会は自然からかけ離れた物質が多い。人間が作った多くの物がそうなのかもしれない。食品に関しては、人工的な物は危ない。やっぱり自然に近い方が良い。人工甘味料より砂糖。白米よりも玄米。などなど。

 

 

添加物に関しての知識。これもすごく大事。大人になる頃に自然に食品の選び方を身につけられたら素晴らしい。僕は、親が食品添加物に注意して食べ物を買っているのを小さい頃から見ていたので、自然に摂ってはいけない添加物が何なのかはわかるようになりました。

 

 

それでもやっぱり人から何か頂き物をすると、それにたくさんの添加物が入ってる事も多々あります。では、それを食べないのか?そんなことはありません。そういう時は、その人に感謝して食べます。あまり堅くなるとダメなような気がします!