blog
May, 08, 2020

普段からカレンダー通りの休日ではない自分も、GWは3連休をたまたま当てていた。もちろん、家に閉じこもっていたけれど、ひたすら妻と旅系の番組を漁っていて、色々と観ていたわけだが、Paraviでやっている三浦春馬のtouristというシリーズがとても良かった。

その中のバンコク編で、国鉄の駅であるフアランポーン駅でのシーンがあって、一昨年にその場に行った時の記憶が蘇り、写真を引っ張り出してみた。異国での旅では、1回でも鉄道での小旅行を入れると、旅が鮮やかになると自分は思う。市街のメトロなどではなく、時間をある程度取っての日帰りなどでの小旅行。

この時は、国鉄を利用して日帰りでアユタヤに行った。アユタヤの写真は敢えて載せず、フアランポーン駅からアユタヤに着くまでの写真を少し載せれればと思う。

タイ国鉄のターミナル駅で、歴史のあるこのフアランポーン駅は、その歴史を十分に感じさせるとっても魅力的な外観だ。それでいて、独特の薄暗さもあり、そこがグッとくる場所。

ロビーにあるチケット式の古めのフードコート(食堂)でおっかなびっくり頼んだ朝ごはんも美味しかった。最後まで結局何ていう料理かわからなかったけど。確か100円ぐらいだったと思う。

改札を通った後のプラットフォームも、そこに並ぶ列車も絶妙にレトロだ。列車待ちのお坊さんもたくさんいる。

自分が乗った列車は、クーラーがない車両とクーラー付きの車両とが混在していた。少し割増料金を払ってクーラー付きの車両を選んだが、逆にクーラーが効きすぎて寒いぐらいだった。東南アジアでの旅は、薄手の上着が必須だなと随所随所で改めて感じさせられた。窓が曇っていて、車窓からの写真がぼやっとしてしまったのも、それはそれでいい。

と、あっという間に1時間半程度でアユタヤに着いてしまった!というわけでここまで。アユタヤでの写真は、別のサイトで少し載せているので、もしご興味があればぜひチェックしていただければ。

ちなみに、この時のカメラはFujiのX-T10、レンズはXF35mm F1.4。今は手元にないけれど、とてもすばらしいカメラとレンズ。T二桁台のシリーズは、手頃な値段でしっかりXシリーズの真髄が味わえるカメラなのでおすすめです。

Apr, 25, 2020

昨年の11月にギリシャを訪れた。その中でも訪れたのはサントリーニとアテネ。トルコ旅行と散々迷ったあげくに選んだのがギリシャだった。サントリーニは妻が人生の中で一度は行ってみたいと言っていたところ。それが大きな決め手だった。近いんだからどっちも行けばいいじゃんとなりそうだが、1つの場所にある程度の日数を割くというのが妻と僕が好きなスタイルだ。

この旅にもう1つのスパイスを加えてくれたのは新しく購入したLeica Q2。今まで持っていたカメラとレンズを全て処分してLeica Q2に乗り換えた。Sony、Fujifilm、Sigmaと色々と使ってみて、どれも好きだったけれどやっぱりLeicaを使ってみたいと思い、Qの新型が出るのを待って購入した。購入後、初めての本腰を入れての旅だったので、それはそれは本当に楽しみにしていた。やっぱり、カメラを携えての旅は本当に楽しい。

ちなみに、Leica Q2を注文してから、数ヶ月の発送待ちとなり、それを予想しきれず、先に手持ちのカメラを処分した状態で行ったマレーシアは、楽しかったけれど、やっぱり主力カメラがない旅はどこか物足りなかった。

created by Rinker

穏やかな海と静かな街

夏にかけて観光シーズンのピークを迎えるサントリーニにとって11月は完全にオフシーズン。これも11月を選んだ大きな理由。ホテルの値段も大幅に下がり、人もほぼいないと聞いていた。実際に行ってみると、朝なんかはほぼ無人の街じゃないかというぐらい静けさに満ちた街だった。賑やかさには欠けるものの、その静けさが本当に心地がよかった。

そして、何と言っても、海が穏やかなところも本当に素晴らしく、景色、静寂さ、匂い、すべてが相まって、どこか違う惑星にいるんじゃないかとさえ感じたものだ。

動物と人が行き交う場

サントリーニでは、たくさんの動物たちに出くわした。特に、滞在していたイアでは、そこらかしこで猫、犬、ロバに出くわした。そして、そこに地元で働く人々が行き交う。この光景をしっかり見れたのは、観光シーズンじゃなかったのも大きいと思う。こういう街のリアルをただただ歩きながら見る、そんな旅が大好きだ。

ずっと太陽を追っかけていたくなる場所

サントリーニでは、早朝から日没に到るまで、ただただ太陽の向きがもたらす街の見え方の違いを追っかけているだけで十分だ。それだけでも来る価値があると思う。

食べ物ももちろん美味しい

食べ物が美味しいというのも、旅にはとっても大事な要素。アジア以外の国では、長く滞在するとどうしてもすぐ飽きが来てしまう自分だけれど、ギリシャ料理は1週間食べ続けても飽きが来ることはなかった。たっぷりの野菜、シーフード、オリーブオイル、ヨーグルト。肉は鶏肉以外、かつ、そもそもほとんど食べない自分にはすごく合っていた。ただ、肉が好きな人でももちろん大丈夫。肉のチョイスも豊富にある。

まとめ

というわけで、サントリーニの魅力を写真とともにざっくり紹介してみた。写真も滞在していたイアという地方のものに集中してしまっているが、フィラや他のエリアもとても個性的で魅力たっぷりの島。アテネから飛行機で1時間もかからないこの神秘の島。このポストを見て、旅行が好きなあなたが、サントリーニを次の目的地の候補に少しでも選びたくなってくれたなら、それだけで幸せだ。ぜひ。その目で、足で、この場を体験していただきたい。

Mar, 17, 2020

テレワーク、リモートワークの認知度がどんどん高まっている昨今ですが、その語源って?と思ったことはないでしょうか?

日本テレワーク協会によれば、テレワークは「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語だそう。リモートワークのRemoteも離れたという意味合いがあるのでほぼ同じですね。

つまりコンセプトは、本社もしくは企業だったり仕事の本部構造が基本的に物理的にどこかにあるけれども、そこに通勤せずに自宅や好きなところで働くことができるという感じ。

自分はAutomatticという会社にいますが、Automatticに入りたいと思っていた頃は、そんな働き方をイメージしていました。が、実はそれとはちょっと違ったよという話をしたく、今日はこの記事を書いています。

もちろん、インターネットがあればどこからでも働ける、通勤がないといった点においては、まさにその通りで、「それをリモートワークと言うんだよ!」とツッコミが来そうなところですが、Automatticでは自社のスタイルをDistributedと形容します。Distributedとは分散したというような意味なのですが、Automatticはその意味の通り、どこかに中心を表す物理的な本社があるわけではなく、全社員が世界に平等に点在しながら働いており、仕事が成り立っています。そのため、特別にリモートで(遠く離れて)働いているという意識がありません。

また、Distributedという概念は、働き方にだけでなく、人材確保という点においても活かされています。上の動画の中で、CEOであるMattは、いい人材は世界各地に散らばっているが、その人材を獲得する機会は決して平等ではないと言っています。これをわかりやすく言えば、アメリカの企業が日本人の良い人材が欲しいとなった時に、アメリカ国内だけで探すよりも、日本を含めた全世界から探す方が絶対にいいよねという話になるわけです。

もちろん、このようなスタイルは、元からこのようなコンセプトのもと会社が創業されているからこその部分が多々あるかと思いますが、今後業種によってはテレワーク、リモートワークを通り越して、Distributedという概念を持った企業、働き方、人材確保がどんどん増えてくるのではないでしょうか?

という話でしたが、上のMattの動画では本人がより多くを話してくれていますので興味がある方はぜひ。

Oct, 25, 2019

大雨の日に外に出るのはどのぐらいぶりだろうか?今日はキャンセル不可な用事があって、どうしても外に出た。でも、収穫は雨の日のカフェの雰囲気がこんなにも心地よいのだということを久しぶりに思い出すことができたこと。

Oct, 21, 2019

日曜ドラマ『グランメゾン東京』を観ていて、ドラマの中でミシュランミシュランと何度も出てきていたので今までまったく興味がなかったミシュランについて調べていたらビブグルマンの中に餃子の王さまという中華料理屋さんがあった。

いい名前だと思って外観の写真とか見ていて、あれ何か見覚えがあるぞと思っていたら、この前浅草をぶらぶらしていた時に店の佇まいが好きでスナップした店じゃないか。

再度出会うべきものには、自然と出会えるのだな。