blog
May, 08, 2020
フアランポーン駅〜旅と鉄道と旅情〜

普段からカレンダー通りの休日ではない自分も、GWは3連休をたまたま当てていた。もちろん、家に閉じこもっていたけれど、ひたすら妻と旅系の番組を漁っていて、色々と観ていたわけだが、Paraviでやっている三浦春馬のtouristというシリーズがとても良かった。

その中のバンコク編で、国鉄の駅であるフアランポーン駅でのシーンがあって、一昨年にその場に行った時の記憶が蘇り、写真を引っ張り出してみた。異国での旅では、1回でも鉄道での小旅行を入れると、旅が鮮やかになると自分は思う。市街のメトロなどではなく、時間をある程度取っての日帰りなどでの小旅行。

この時は、国鉄を利用して日帰りでアユタヤに行った。アユタヤの写真は敢えて載せず、フアランポーン駅からアユタヤに着くまでの写真を少し載せれればと思う。

タイ国鉄のターミナル駅で、歴史のあるこのフアランポーン駅は、その歴史を十分に感じさせるとっても魅力的な外観だ。それでいて、独特の薄暗さもあり、そこがグッとくる場所。

ロビーにあるチケット式の古めのフードコート(食堂)でおっかなびっくり頼んだ朝ごはんも美味しかった。最後まで結局何ていう料理かわからなかったけど。確か100円ぐらいだったと思う。

改札を通った後のプラットフォームも、そこに並ぶ列車も絶妙にレトロだ。列車待ちのお坊さんもたくさんいる。

自分が乗った列車は、クーラーがない車両とクーラー付きの車両とが混在していた。少し割増料金を払ってクーラー付きの車両を選んだが、逆にクーラーが効きすぎて寒いぐらいだった。東南アジアでの旅は、薄手の上着が必須だなと随所随所で改めて感じさせられた。窓が曇っていて、車窓からの写真がぼやっとしてしまったのも、それはそれでいい。

と、あっという間に1時間半程度でアユタヤに着いてしまった!というわけでここまで。アユタヤでの写真は、別のサイトで少し載せているので、もしご興味があればぜひチェックしていただければ。

ちなみに、この時のカメラはFujiのX-T10、レンズはXF35mm F1.4。今は手元にないけれど、とてもすばらしいカメラとレンズ。T二桁台のシリーズは、手頃な値段でしっかりXシリーズの真髄が味わえるカメラなのでおすすめです。