blog
Sep, 29, 2014
つくるということとあれこれ

すっかりブログ更新がご無沙汰になってしまいました。

今年は今年で新しい仕事やあれこれで、これまた変化の年というやつです。

 

ここ最近は、

とってもありがたいことにWEB制作のお仕事を頻繁にいただくようになりました。

WEBをつくることを通して、誰かの表現を少しでも後押しすることができるのは、

この上ない喜びだと感じています。

ただ、それもこれも、依頼をしてくれる皆さんと対等な関係で、

制作ができているからに尽きるのです。

 

先日、カフェで作業をしている時に、

隣でデザイン系の作業をしていた方が、

クライアントらしき人と電話をしているのが聞こえてきました。

その方がクライアントの方とどのような関係なのかはわからなかったのですが、

明らかにそこには上下関係のような感じがあり、

その方はひたすら電話口で「すみませんでした」と繰り返していました。

その時、僕はこう思いました。

何かを作る時に、こうなってしまったら、本当に楽しくないなと。

 

もちろん、それはきっと仕事であるし、

多少の制約や、そういったものはあるのは至極当然です。

でも、制作側とクライアントは、

一つのすばらしいものを作るという目標に向かって、

楽しく対等な関係であるのがベスト。

そう思うのです。

 

そして、僕はこの光景を見ていて、

お金という概念にも疑問を持つことがあります。

僕らがお金を払うのは、

自分ではできないことを他の人に助けてもらうためです。

だから、お金を払ってくれる人が偉いというわけでは決してないはずです。

本当に本当に対等でしかないのだと思います。

それでも、普通に生活していると、

お金を払って、何かを買うお客さんはいつも神様、

そんなような光景をたくさん目にします。

そういった風潮は結局、多くの人を疲弊させるだけです。

 

いつかそういうものがなくなればいいなと本当に思います。

そのためにも、自分としても、

何の上下関係もなくお金を使ったり、受けたりできるような、

そんな人になりたいです。

Share this: