blog
Mar, 11, 2014
はやくあたたかくなってと思っていたあの日

はやくあったかくなればいいのになって、あたり前に思うここ最近。

そんなことを思いながらも、人間って勝手なものだなと思う。

3年前の今日、宮城は雪が降っていて、凍えるように寒かった。

そればかりか、あの日、大地は大きく揺れ、波が押し寄せた。

あの日もはやくあったかくなればいいなって、思っていた。

期待は大きく反対の方向へふれた。

 

3.11以後、ニュースではことさら巨大地震への防災が叫ばれている。

最新技術での研究がどんどん進んでいるらしい。

そんなニュースを見るたびに、人間は自然と対決したいんだろうかと思う。

自然を憎んでいるのか。

自然に打ち勝とうとしているのか。

 

なにげない日の日差しにあれだけ癒されて、

その一方で雨や雪に文句を言ってみる。

人間は何がしたいのかとふと思う。

自然とどんな向き合いかたがしたいのか。

結論がでるぐらい自分は一貫性のある人間ではないけれど。

ただただ、そんなことを思うのです。

Share this: